ITも大抵筋肉でなんとかなる

気が向いたら技術的なことも書くかもしれないですが、技術的なこと=ITとは限りません。

Virtualbox上に開発検証用のCentOS環境を作るときにやる手順

備忘録として。

初回インストール時

  • ユーザを作成するは管理者として扱う的な項目にチェックを入れておく
  • ネットワークの設定を行なっておく
  • マシンのホスト名を変更しておく

sudoでパスワードを聞かれないようにする

セキュリティ上危険が危ないところではあるが、ローカルの開発環境なのでいいかなと。

$ sudo visudo
{username} ALL=NOPASSWD: ALL

vimインストール

viは辛い。

$ sudo yum -y install vim

SELinuxの無効化・firewalldの停止

これもセキュリティ上危険が危ない行為だが、ローカル環境なのでry
ちなみに/etc/selinux/configは値を書き間違えるとカーネルパニックを起こすので慎重に。

$ sudo vim /etc/selinux/config
SELINUX=disabled
$ sudo systemctl disable firewalld
$ reboot

sshで公開鍵認証接続ができるよう設定

パスワード入力よりは公開鍵認証で接続できた方が個人的には便利なので設定する。

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/{username}/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/{username}/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/{username}/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:~~ {username}@localhost
The key\'s randomart image is:
+---[RSA 4096]----+
~~
+----[SHA256]-----+
$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys
$ rm ~/.ssh/id_rsa.pub

秘密鍵の保存

下記でcatした内容はコピーしてホストOSとかに保存しておく。保存したら秘密鍵は削除してしまっても構わない。

$ cat ~/.ssh/id_rsa
-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
~~
-----END RSA PRIVATE KEY-----
$ rm ~/.ssh/id_rsa

git系クラウドサービスを使用できるよう設定

GitHubとかBitBucketとか。下記はBitBucketの設定。

$ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -f bitbucket_id_rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in bitbucket_id_rsa.
Your public key has been saved in bitbucket_id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:~~ {username}@localhost
The key\'s randomart image is:
+---[RSA 4096]----+
~~
+----[SHA256]-----+
$ ls
bitbucket_id_rsa  bitbucket_id_rsa.pub

公開鍵をBitBucketに登録

GitHubも同じく登録が必要。下記のcat内容をコピーして登録する。

$ cat bitbucket_id_rsa.pub
ssh-rsa ~~

~/.ssh/config等の設定・gitコマンドのインストール

最後の2行でgit config --globalとしているが、複数アカウント使うときとかGitHubとBitBucketを併用する場合は適当にディレクトリを掘ってgit config --localとした方が安全という説もある。

$ rm bitbucket_id_rsa.pub
$ vim ~/.ssh/config
Host bitbucket.org
  HostName bitbucket.org
  PreferredAuthentications publickey
  StrictHostKeyCHecking no
  IdentityFile ~/.ssh/bitbucket_id_rsa
  BatchMode yes
  TCPKeepAlive yes
$ mv bitbucket_id_rsa ~/.ssh/bitbucket_id_rsa
$ chmod 600 ~/.ssh/config
$ sudo yum -y install git
$ git config --global user.name "{bitbucket-username}"
$ git config --global user.email "{username}@hoge.com"