ITも大抵筋肉でなんとかなる

気が向いたら技術的なことも書くかもしれないですが、技術的なこと=ITとは限りません。

初代Surface ProにKubuntu16.04LTSを入れたときの備忘録

2018/02/16追記

  • kubunut17.10を入れ直してみたら何の問題もなく動いたので、やはりGUI系のアプリケーションを/etc/profile.d/hogefuga.shにぶち込んでしまったことが原因
  • kubuntu16.04LTSは画面のスケールが上手く効かない問題があり、高解像度ディスプレイ搭載のSurface Proシリーズでは見づらいことこの上ないので、kubuntu17.10を入れることをおすすめします

やったことのまとめ(結論)

  1. kubuntu17.10のisoをUSBメモリに入れる
  2. UNetbootinで焼く
  3. UEFIのSecure Bootを無効化
  4. 初代Surface Proに1.で作ったUSBを刺す
  5. USBからSurface Proを起動
  6. Start kubuntuを選択してあとは画面にしたがってインストール

経緯

  • Windows10と初代Surface Proの相性が悪い?のかブルスクで頻繁に落ちるように
  • バイスがマウントされたりアンマウントされたりする音が聞こえてきてた
    • 比喩じゃなく5秒に1回ぐらい音してた
  • 調べたら画面のデバイスドライバが死んでたっぽくて、入れなおしてもすぐ死ぬし、入れなおしてる途中にブルスクで死ぬ
  • クリーンインストールしようと思ったけど、インストール中にブルスクで死ぬのでもうどうしようもなくなった
  • のでkubuntuでも入れるかってなった

参考にしたやつ

Surface Pro 2 でUbuntu 14.04を動かす - Zopfcode

なんかうまくいかなかったやつとか

  • ボリューム押しながら系は、先にボリュームを押しながら電源ボタン押す
  • 起動後も電源ボタンを押してると普通にシャットダウンされるので、電源だけはロゴが出た後ぐらいに離す
    • この辺は勘どころというかやってると分かってくる
  • UEFI無効にするやつはTypeCover認識しなかった気がするのでUSBのキーボードいる
  • 画面回転は上手くいかない

バージョンとか

  • Kubuntu 17.10は不安定でパッケージのアップデートかけたらrebootしなくなったりしたのでやめた
    • が後述のが原因な気がしてきたのでちょっとリトライする
  • 完全に後述の/etc/profileGUI系のアプリを設定したせいでした。kubuntu17.10でも問題なくうごきます。

起動時に自動起動するアプリケーションについて

  • GUIアプリを/etc/profileとかに設定しちゃうと二度とログインできなくなる
  • 必ずシステム設定 > 起動と終了 > 自動起動から設定する

入れたアプリや初期設定

下記

$ sudo apt-get install -y git vim docky gnome-system-monitor xdg-user-dirs-gtk htop
$ {
    echo 'remove lock = Caps_Lock'
    echo 'keycode 66 = Control_L'
    echo 'add control = Control_L'
} | sudo tee -a /opt/.Xmodmap