ITも大抵筋肉でなんとかなる

気が向いたら技術的なことも書くかもしれないですが、技術的なこと=ITとは限りません。

筋トレについて書きたい。

しばらく更新をしていませんでしたが、またしてみようかなーーーと思ったので。ですが、あまりITエンジニア業とは関係ないことを書くことが多くなると思います。もちろんたまには書くでしょうけど、それよりも筋トレのことについて書きたいという感じなので。

ITエンジニアこそ筋トレすべき

人間は根本的には動物であり、その構造は数千年前より変化していません。元来動物とは「動かないと死ぬ」のが基本ですし、人間も例外なくそうです。「動く」ということを前提に作られているためです。「動く」というのは昔でいえば狩りをしたり農耕をしたりするということです。そうやって体を動かすことで血液の循環であったり細胞の入れ替えを正常に行なえるようにしていたのですが、昨今の人間は動かなさ過ぎて、そういったことがうまく機能していないことが多いです。
元来人間に備わっている機能を十二分に生かし切れないがために病気になっているケースは少なくありません。そして、特にITエンジニアは一日中座っている仕事なので信じられないほどの運動不足です。不足というよりももはや無いと言って過言ではありません。この状態がいいわけがない。

なぜ筋トレか

運動しないといけないなら、別になんでもよくね?なんで筋トレ?と思うかと思いますがその他のスポーツに比べ圧倒的に楽だからというのが本音です。楽なんですよ。筋トレは、ガッツリやらないのであれば週2回1時間程度で十分です。実に楽。そのうえ、一人で黙々とやることもできるし、家でもできるのでコスパもよい(ちゃんとやるならトレーニングジムにいかないとですが)。他にもこんな理由で筋トレを推しています。

  • トレーニングメソッドは科学なので100%結果が出る(大小はある)
  • スポーツのパフォーマンスが上がる
  • メリハリのある身体を作れるので服が似合うようになる
  • 自己管理・体調管理が上手くなる
  • 目的は人それぞれなので競う必要がない

メリットはたくさんある

以前ツイートしたものですが、大体こんなメリットがあります。メリットしかないですね(ゴリ押し)。

最後に

身体を鍛えないことに対するデメリットはそのうち言及するとして、筋トレはしましょうっていうそういうゴリ押しを。記事の中でも触れましたが筋トレはれっきとした科学です。身体を効率的に動かすためには解剖学の見地からアプローチを行なったり、効率的に体を変えるために栄養学の見地からアプローチを行なったり、裏側にはきちんと裏打ちされた理論があるわけです。そういったものを利用するわけですから、そりゃ効果もあるよっていう話でした。