ITも大抵筋肉でなんとかなる

気が向いたら技術的なことも書くかもしれないですが、技術的なこと=ITとは限りません。

プロフィール

基本情報

誕生日

1992/03/10

趣味

筋トレ・弓道

職業

Webサイト・SNS

  • 作ったWebサイト(公開中)やSNSなど

ホームページ

Qiita

Twitter

Pixiv

言語

ミドルウェアとか

フレームワーク

OS

その他いろいろ

  • Jenkins
    • 2系、Pipelineとか
  • Git
  • Maven
  • Gradle
  • Selenium
    • 今の会社だとWeb勤怠とか自動化した
  • JMeter
  • Ansible
  • Fabric
  • Grunt

JavaでWebアプリケーションを作ろう - 導入編

この記事は

Javaを使ってWebアプリケーションを作って簡単なページを動かすところまでを紹介します。

背景・ターゲット

背景

プログラミング言語として最初に学ぶことが多いJavaですが、初めに作るのはコンソールアプリケーション(黒い画面にHello worldを表示する、じゃんけんプログラムを作るなど)が多いでしょう。教える側も作る側も楽は楽なのですが、プログラミングを学ぶ初学者にとっては何が嬉しいのかわかりづらい、という問題点があります。特にプログラミングでは画面を動かして何かを登録したり表示するようなものを初学者は想像しているのではないかと思います(少なくとも私はそうでした)。しかしそこに行きつくまでの過程は決して簡単ではありません。環境を作ったり画面を動かすときの詳しい仕組みの説明などが必要になるからです。このシリーズではその問題点を解消すべくいくつかの記事を使ってなんとなく画面上で動くものを作ることを目的とします。初学者にとってハードルの高い画面を伴ったものを一から作るということを体験してもらうことでプログラミングを解説したいという趣旨になります。

ターゲット

  • プログラムに興味があるが何をしていいのか分からない
  • 黒い画面でなにか動かせるものを書いたことはあるがイマイチ面白みが分からない
  • とりあえずJavaがいいと聞いてやってみたがよくわからない
  • JavaJavaScriptの違いが分からない

記事の流れ

私の信条になってしまい申し訳ないのですが、何を作るにも仕組みを理解する前にまず動くものを見る必要があると思っています。動くものを作りそれを自分なりに改変しながら解説を読むことで初めて理解することができるという信条があり、この記事もその流れを踏襲することとします。
つまるところ、下記のような流れとなります。

  1. とりあえずコードをコピペする
  2. その通りにやってみる
  3. 解説を読む
  4. 簡単に改変してみる
  5. 自分で改変して動かしてみる

大まかな流れ

こんな感じになると思います。(記事を作っていく中で変えるかも)

  1. VirtualboxLinux環境を作る
  2. Javaをインストールする
  3. Tomcatをインストールする
  4. サーブレットを作って動かす
  5. JSPで画面を作る
  6. データベースを使う
  7. Webサーバと連携する
  8. おまけ

初学者の方は分からない単語がいっぱいだと思いますが、どれも解説を入れるつもりなので安心してください。どれも手順がやや面倒ですが、面倒なだけで難しいことはありません。しっかり読めばわかるようにするつもりですので安心してください。

次の記事は

JavaでWebアプリケーションを作ろう - 環境構築編
となります。書いたらリンクに差し替えます。

プロフィール

基本情報

誕生日

1992/03/10

趣味

筋トレ・弓道

職業

Webサイト・SNS

  • 作ったWebサイト(公開中)やSNSなど

ホームページ

Qiita

Twitter

Pixiv

言語

ミドルウェアとか

フレームワーク

OS

その他いろいろ

  • Jenkins
    • 2系、Pipelineとか
  • Git
  • Maven
  • Gradle
  • Selenium
    • 今の会社だとWeb勤怠とか自動化した
  • JMeter
  • Ansible
  • Fabric
  • Grunt

Windows10のVirtualboxで仮想マシンが突然起動しなくなった件を直す

対象のマシン右クリック -> 設定 -> ネットワーク -> 高度
で詳細を開いて、MACアドレスの欄の右側にあるくるくるマークをクリックしてMACアドレスを新しくしたら起動した

参考

Windows10 自動更新で VirtualBox ネットワーク設定が壊れた - Qiita

初代Surface ProにKubuntu16.04LTSを入れたときの備忘録

2018/02/16追記

  • kubunut17.10を入れ直してみたら何の問題もなく動いたので、やはりGUI系のアプリケーションを/etc/profile.d/hogefuga.shにぶち込んでしまったことが原因
  • kubuntu16.04LTSは画面のスケールが上手く効かない問題があり、高解像度ディスプレイ搭載のSurface Proシリーズでは見づらいことこの上ないので、kubuntu17.10を入れることをおすすめします

やったことのまとめ(結論)

  1. kubuntu17.10のisoをUSBメモリに入れる
  2. UNetbootinで焼く
  3. UEFIのSecure Bootを無効化
  4. 初代Surface Proに1.で作ったUSBを刺す
  5. USBからSurface Proを起動
  6. Start kubuntuを選択してあとは画面にしたがってインストール

経緯

  • Windows10と初代Surface Proの相性が悪い?のかブルスクで頻繁に落ちるように
  • バイスがマウントされたりアンマウントされたりする音が聞こえてきてた
    • 比喩じゃなく5秒に1回ぐらい音してた
  • 調べたら画面のデバイスドライバが死んでたっぽくて、入れなおしてもすぐ死ぬし、入れなおしてる途中にブルスクで死ぬ
  • クリーンインストールしようと思ったけど、インストール中にブルスクで死ぬのでもうどうしようもなくなった
  • のでkubuntuでも入れるかってなった

参考にしたやつ

Surface Pro 2 でUbuntu 14.04を動かす - Zopfcode

なんかうまくいかなかったやつとか

  • ボリューム押しながら系は、先にボリュームを押しながら電源ボタン押す
  • 起動後も電源ボタンを押してると普通にシャットダウンされるので、電源だけはロゴが出た後ぐらいに離す
    • この辺は勘どころというかやってると分かってくる
  • UEFI無効にするやつはTypeCover認識しなかった気がするのでUSBのキーボードいる
  • 画面回転は上手くいかない

バージョンとか

  • Kubuntu 17.10は不安定でパッケージのアップデートかけたらrebootしなくなったりしたのでやめた
    • が後述のが原因な気がしてきたのでちょっとリトライする
  • 完全に後述の/etc/profileGUI系のアプリを設定したせいでした。kubuntu17.10でも問題なくうごきます。

起動時に自動起動するアプリケーションについて

  • GUIアプリを/etc/profileとかに設定しちゃうと二度とログインできなくなる
  • 必ずシステム設定 > 起動と終了 > 自動起動から設定する

入れたアプリや初期設定

下記

$ sudo apt-get install -y git vim docky gnome-system-monitor xdg-user-dirs-gtk htop
$ {
    echo 'remove lock = Caps_Lock'
    echo 'keycode 66 = Control_L'
    echo 'add control = Control_L'
} | sudo tee -a /opt/.Xmodmap

明けてました。おめでとうございました。

例によって年変わってから数分後に年変わったことに気づきました。どうも。

昨年はまぁいろいろありましたが、一番のトピックとしては彼女にiPad Proをあげたことですかね。開けるとき手が震えてて正直笑いました。めちゃめちゃ喜んでもらえたのでよかったです(小並感) あとは前職で払ってもらってない残業代を全額取りかえしたこととかですかね。いやーーーあれは気持ちよかった。気分はリーガルハイでしたね。僕弁護士じゃないですけど。

で、今年はどうしようかなーとかいろいろあるんですけど、とにかく今年は新しいことに挑戦したいなと。って言いつつ去年の11月末ぐらいからちょこちょこやってるんですけど、最近絵を描いてます。つっても全部模写なんですけど。オリジナルの構図で絵が描けるぐらい上達はできてないゾ。ってことで描いた中でTwitterに上げたものを。

クレイモア25巻(164ページ) クラリス https://pbs.twimg.com/media/DRVNXGCVQAEVESg.jpg

クレイモア9巻(71ページ) クレア https://pbs.twimg.com/media/DRk3dUDVAAEcq11.jpg

クレイモア12巻(80ページ) クレア https://pbs.twimg.com/media/DRp0usxU8AE-S9V.jpg

クレイモア15巻(35ページ) ガラテア https://pbs.twimg.com/media/DRvPfpbU8AAkDbu.jpg

クレイモア7巻(表紙カバー) クレア https://pbs.twimg.com/media/DSOHcvvUMAAC7hx.jpg

クレイモア8巻(146ページ) ガラテア https://pbs.twimg.com/media/DSSkJJ2UMAAgzxM.jpg

クレイモア8巻(176ページ) クレア https://pbs.twimg.com/media/DSYFeQyUEAAp6Jz.jpg

Memorabilia 八木教広CLAYMORE画集(61ページ) クレア (未完成) https://pbs.twimg.com/media/DSibL5_VwAA0EmC.jpg

最後のだけ未完成です。今日(もとい昨日)描いたやつで、ペン入れまで終わったので次は塗りですね。明日(もとい今日)終わるかなぁ…。 という感じで、見ての通りクレイモア八木教広さん作)ばっかり描いてます。 クレイモアはダークファンタジーに属するもので、どちらかというとグロ・鬱寄りですかね。進撃の巨人とカテゴリ的には近いかも。 妖魔という人間の内臓を食らう生き物を狩る「銀眼の魔女」ことクレイモアの物語を描いた作品です。人間でありながら妖魔の血肉をその身に宿すクレイモアは、なぜか女性しかなることができないが、唯一人間に擬態した妖魔を見抜くことができ、なおかつ妖魔のパワーとスピードを超える存在である。ってな設定で物語が描かれているんですが、物語の深さ、伏線の多さ、キャラクターの魅力、独特の世界観、緊張感、どれをとっても素晴らしい作品だと思っています。クレイモアは本当に神作品なので読んでほしい。全27巻なので頑張れば1日で読めます(無茶)。 多分「進撃の巨人」「蒼穹のファフナー」「シドニアの騎士」「FF7」これのどれかでも好きなら刺さると思います。

と話がクレイモアのダイマになってしまいましたが(何ならこの間画集も買った)、とにかくこの作品は様々な魅力を引き立てる「独特の画風+圧倒的な画力」も魅力の一つです。ということで、僕はこのクレイモアの画風も好きなんですね。ってなわけで模写の対象に選んだわけです。クッソ難しいですが。。。 模写はやってみると意外と難しくて難儀しています。特に僕は陰影を考えるのが苦手なのですが、クレイモアの画風は漫画・アニメタッチではなく写実的なため陰影を多用しているほか、線が非常に繊細で微妙なバランスで顔を表現していることもあって、苦手フルコンボです。苦手って言えるほど絵描いてきてないんですけどね。。。模写を繰り返すうちに若干つかめてきた気はします。色塗ったのがかなりでかかったですね。

とりあえず今年の目標は絵を描くことです。なんでもOKってルールです。別にクレイモアじゃなくてもいいし、模写でもOK。とにかく描く。 上手くなくてもいいし、自己満足でOK。ただし模写ってことはちゃんと明記しないといけないと反省中(何巻の絵みたいなことは描いたけど模写って描いてない…。何度も描くけど今のところ全部模写です)。絵をうまくなるために何をしないといけないとかたぶんあるんだろうけど、僕はそういうの考えて何かを始めるのが苦手なので、とりあえず本能の赴くままに絵を描いてみます。ちなみに彼女は目ん玉飛び出るほど絵が上手いのでいろいろアドバイスをもらっています。聞いたら芸術系の大学目指してたらしい(しかも中学ぐらいのときから)。そら上手いわ。化け物級。さすがにそこまでは…って感じだけれども、クレイモアの画風の片鱗でも盗みたいと思う2018年です。

あっあと今年もよろしくお願いいたします。

Webサイト更新しました

メトロイド100%クリア version 1.5.xへ更新

www.geocities.jp

はい。前回1.2.xだったのに飛んでるじゃねぇかって話ですが、ブログ更新してなかっただけなので気にせんといてください。 今回の更新は下記です。

  1. フュージョン攻略チャートページにチャート内で取得・遭遇するアイテム、タンク、ボスの記載を追加
  2. 過去のコンテンツを更新
  3. その他誤字・脱字等の修正

1.のアレ

今まではページ上部に「Chart10」とかしか表示されてなくて、そのチャートが何をするチャートなのか今一つ分かりにくかったんですね。なので例えば攻略を途中から見た場合、一々内容を読まないとどの辺の進捗度なのかわからなかったわけです。
これはUX的によくねーなーということで何か対策がないかって話で、上記です。
どういうアイテムを取得してどういうボスに遭遇するかを記載することである程度のインデックスとして機能するのではなかろうかという推察の元、実装しました。これである程度中身を読まなくてもどの辺の進捗か分かりやすくなったと思います。もちろんボスと遭遇しなかったりアイテム1個も取らないみたいなこともあるので、100%ではないですが。

2.のアレ

私も絵をかいてたっぽくて発掘されたので一応載せておきました。腐らせるよりはいいかなと。

3.のアレ

まぁどうしてもありますよね…まだあると思いますけど直しました。

ってな感じで

1.の修正は割と大き目です。これが今回の目玉ですね。こうやって思いついたことをすぐに反映できるのが一人開発の強みだったりしますよね。まぁ開発ってもフロントしか使えないんですが。